ニキビに、さよなら。

生活習慣との関係

別ページでも少しだけ触れましたが、ニキビ・ニキビ跡を治すためには、生活習慣の見直しが重要になってくる場合もあります。
肌荒れなどと生活習慣というのは、非常に深い関係で結ばれています。特に、規則正しい生活を送ることができていないという人は要注意です。

ニキビを発生させる原因の1つとして、「ストレス過多」というものがありました。
ストレス社会と呼ばれる現代社会において、ストレスは誰もが抱えていると言えます。
しかし、多くの人はそれぞれ何らかの方法でその日の溜まったストレスを解消させます。
例えば、ゆっくりお風呂に浸かる、十分な睡眠時間を取る、趣味に打ち込む、お酒を飲むなどさまざまです。
ですが、多忙で激務になってしまうと、そういった休息の時間も減ってしまいます。
残業によって帰宅時間が遅くなれば、その分睡眠時間が削られてしまいます。
中には、ろくな食事も摂らぬまま眠ってしまう人もいるでしょうし、入浴も翌朝にしようという人もいることでしょう。

食事や入浴も、ニキビには大きく影響しています。
肌に良いとされる栄養やニキビの発生を防ぐ食べ物が存在します。
また、栄養バランスの良い食事を摂ることで、肌を含め身体を健康に保つことができます。
しかし、それを怠ってしまうとどうでしょうか。身体に必要な栄養が不足してしまい、さまざまな問題が生じてしまう可能性があります。
特に、ビタミンというのは肌に欠かせない成分とされていますので、これが不足してしまうだけでニキビができたり、ニキビ跡がなおりにくくなったりすることがあります。

入浴に関しても、1日過ごした汚れを残したまま眠ってしまうと、当然肌に溜まった汚れ・皮脂が原因となり、ニキビになってしまいます。
過剰に洗ってしまうと、必要な皮脂までも洗い流してしまいますので限度はありますが、できることならその日の汚れはその日のうちに洗い流しておきたいところです。